スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「智ちゃんのすべてを本に」 JR脱線事故犠牲者の母が執筆(産経新聞)

 ■活躍話に驚きと誇り

 あの子の生きた証しを残したい-。JR福知山線脱線事故で、長女の智子さん=当時(39)=を失った兵庫県丹波市の上田直子さん(71)が、事故から5年となるのを機に、智子さんが刻んだ人生を一冊の本に仕立てようと執筆を始めた。事故以来、悲しみは増すばかりだったが、智子さんの友人らと交流を重ねるうちに、今まで知らなかった娘の一面をたくさん知ることもできた。「書いても書いても思い出があふれてくる。智ちゃんの人生をすべて記してあげたい」。そんな思いを胸に書き続ける。

 今月17日、兵庫県三田市。小学校や幼稚園で児童らに絵本を読み聞かせる活動をしている「しずくの会」のメンバーが集まり、智子さんをしのぶ会を開いた。そこには上田さんと夫の秀夫さん(72)の姿もあった。メンバーらは、智子さんが好きだった絵本を上田さん夫婦に読んで聞かせ、智子さんの思い出を語り合った。

 5年前のあの日、智子さんは三田市の自宅から大阪へ行く途中で事故に遭った。しずくの会の一員として活動に熱中している最中だった。

 上田さんが、しずくの会を知ったのは事故後のこと。メンバーに誘われて読み聞かせを見学したり、毎年4月に開かれる智子さんをしのぶ会に招かれたりするようになった。

 「智子さんが絵本を読むと、不思議なくらい子供たちが引きつけられていましたよ」。自分の知らない娘の活躍を聞くたびに、うれしくなった。

 「いなくなってしまってから知ったことも多かった」と上田さんは話す。智子さんの保育士時代の同僚からは、父親を突然の事故で失った園児に、ずっと寄り添っていたと聞いた。障害のある小学校時代の友人の母親からは、「うちの子が本当に智子さんによくしてもらって」と感謝された。

 どれも上田さんの知らなかった智子さんの顔。「私の見えないところで、いろんな人のために頑張っていたんだな」。驚くとともに娘を誇りに思った。

 事故後、天国の智子さんに語りかけるように日記を付け始めた。今では、事故以前の思い出と新たに知った智子さんのことで日記は埋め尽くされ、膨れ上がった智子さんへの思いをまとめたいと考えるようになったという。

 「あの子の生い立ちからすべてを書き切ろうと思ったら、時間がいくらあっても足りそうにないです」。上田さんはこう言って笑うが、「今、智ちゃんにしてあげられるのはそれくらいだから」と言い、必ずやり遂げたいと思っている。

 書き上げた文章は製本し、智子さんを知る人たちに読んでもらうつもりだ。

 「あの子の一生をいつまでも忘れないでほしいから」

<チェルノブイリ>医師派遣協力求め25日に報告会 広島(毎日新聞)
<福知山線脱線>事故当時の車掌献花…「道義的責任感じる」(毎日新聞)
<お別れの会>細川益男さん=5月20日、大阪市内のホテル(毎日新聞)
校庭にミカン植えたあの男…記者の直撃に「まさか逮捕されるとは」(産経新聞)
「5月末までには五月晴れに」徳之島の普天間移設拒否で首相(産経新聞)

<訃報>小澤克己さん60歳=俳人(毎日新聞)

 小澤克己さん60歳(おざわ・かつみ=俳人)19日、胃がんのため死去。葬儀は23日午後0時半、さいたま市西区指扇2250の1のセレモニーコスミック大宮。喪主は妻徳江(とくえ)さん。

 能村登四郎に師事し、俳誌「遠嶺」を創刊、主宰した。句集に「青鷹」「風舟」など。評論や俳書でも知られた。

<仙谷担当相>官僚が「事務系副大臣」 事務次官代替で検討(毎日新聞)
<仙谷担当相>官僚が「事務系副大臣」 事務次官代替で検討(毎日新聞)
日米、初の共同治験 医療機器承認遅れ解消狙う(産経新聞)
園田氏「郵政民営化は守る」(産経新聞)
<巨大こいのぼり>100匹スイスイ 栃木・壬生町(毎日新聞)

平城遷都1300年祭 メーン会場、収容力不安も(産経新聞)

 平城遷都1300年祭のメーンイベントが開催される奈良市の平城宮跡(特別史跡)で18日、地元住民向けの内覧会が行われ、約2万8千人でにぎわった。来場者は一足早くイベントの雰囲気を満喫したが、パビリオンの収容能力が低いため「楽しみにしていたのに入れなかった」といった苦情も相次ぎ、24日からの本番に不安を残した。

 内覧会では、奈良時代の平城京内の様子をバーチャルリアリティー映像で紹介する平城京歴史館や、復原された第一次大極殿のほか、世界各国の料理が楽しめるフードコートなどの各施設が本番さながらにプレオープンした。

 しかし、各施設やパビリオンはどこも長蛇の列となり、1時間以上も待つ人も。歴史館では、開館直後の午前9時ごろから入館希望者が殺到し、1日の収容能力いっぱいとなる3500人分の入場整理券は午前中になくなり、午後からの来場者は入館できなかった。

 歴史館に入れなかった奈良市西大寺野神町の主婦、松谷真紀子さん(38)は「一番楽しみにしていたのに残念。案内所も少なく、施設を探すのにも時間がかかった」と不満を漏らした。

 また、会場の入り口の朱雀門から第一次大極殿までは約1キロあり、遠さに閉口する人も。同市疋田町の主婦(60)は「休憩所が少なくて歩くのがつらい。暑い時期には、帽子やうちわを配るなどの工夫をしてほしい」と渋い表情だった。

 1300年祭では当初、9つのパビリオンが建設される計画だったが、不況で予算が圧縮され、実現したのは2館だけ。待ち時間などへの不評について、主催する記念事業協会事務局の田中敏彦副局長は「収容能力が限られているのは事実で、理解していただくよう努めたい」と話した。

【関連記事】
国家築くロマン、全身で感じる 平城遷都1300年祭
始皇帝も驚く“日本のハリウッド” 恐るべし!!太秦
四神と十二支壁画完成 奈良・平城宮跡大極殿
仲代達矢、薬師寺で映画奉納式 5月公開「春との旅」
天皇の高御座…国家の意気込みも再現 平城宮跡で内覧会
外国人地方参政権問題に一石

霧島山、平常レベルに=噴火の兆候なくなる-気象庁(時事通信)
診療所の収益性、「広告」とは相関せず(医療介護CBニュース)
2人死傷単独事故で少年逮捕=危険運転致死傷容疑-兵庫県警(時事通信)
<解雇訴訟>元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
シャッター修理業の兄弟、技術悪用して事務所荒らし 大阪府警が最終送検(産経新聞)

<普天間移設>県外移設の検討 平野長官も明言(毎日新聞)

 平野博文官房長官は12日午前、沖縄県議会の高嶺善伸議長と首相官邸で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で「県外(移設)を軸に政府も動いている。県外に(普天間の)機能を移そうと今検討している」と伝えた。

 政府は、鹿児島県の徳之島への移設を軸に米側、地元自治体への打診を始めており、これを念頭に状況を説明したとみられる。普天間問題で政府の調整役を務める平野氏は、具体的な移設先について言及を避けており、「県外」と明言したのは異例。【横田愛】

【関連ニュース】
岡田外相:米大使との会談 首相に普天間問題で内容を報告
普天間問題:徳之島の3町長、「断固反対」強調
普天間移設:交渉で実務者チーム 首相が設置指示
普天間移設:5月末決着目指す 外相、米国防長官に伝達
普天間移設:北沢防衛相、ヘリ引き受け先の県外分散を検討

<月山スキー場>オープン 白一色、上部は積雪8メートル(毎日新聞)
<普天間問題>鳩山首相、米大統領に直接説明する意向(毎日新聞)
石原都知事 新党から出馬「あり得ない」(毎日新聞)
井上ひさしさん死去=作家・劇作家、「吉里吉里人」など(時事通信)
会期延長しない方針を確認 政府・民主党首脳会議(産経新聞)

西山元記者「超完勝だ」=判決に拍手-沖縄密約訴訟原告(時事通信)

 「超完勝だ。何も言うことはない」-。日米の密約文書をめぐる情報公開訴訟の原告の1人で、機密電信文の漏えい事件で過去に逮捕された元毎日新聞記者・西山太吉氏(78)は、9日の勝訴判決後、うなるような声でよろこびを語った。
 裁判長が「不開示決定を取り消す」と主文の読み上げを始めると、原告らは驚いたように静まり返った。請求が全面的に認められたことが分かると、傍聴席からは「よしっ」と小さな声が上がり、閉廷時には拍手がわいた。
 その間、原告席に座った西山氏は目をしばたかせ、何度も首をひねり、落ち着かない様子。一方、国側代理人はうつむいて聞き入った。
 法廷を出た西山氏は「われわれがベストを尽くしたことをすべて汲み取ってくれた。これ以上の判決はない」と言い切った。 

<パワーウインドー>11カ月女児が指切断…3月に都内で(毎日新聞)
リストラ恨み元役員方の自動車放火 容疑で元社員を再逮捕(産経新聞)
阿久根市給与支払い拒否、地検が告発状を受理(読売新聞)
老人ホームの軽自動車衝突、93歳と81歳死亡(読売新聞)
<ミズバショウ>「清明」の節気に白い花 岩手(毎日新聞)
プロフィール

ミスターたかしいしがみ

Author:ミスターたかしいしがみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。